ペットが死んだらどこにくの?虹の橋とは

ペットが死んだらどこに行くのか?

亡くなったペットはどこに行くのでしょうか。

ペットの死後の世界というものは、成熟しておらず、意見も多様化しています。

ペットを飼っている人は一度は聞いたことあると思いますが、

虹の橋へ行くという考えは有名ではないでしょうか。

虹の橋とは

飼っていたペットを亡くした人々のあいだで語られている、比喩的な場所や神話的な場所のことです。

天国と地球を結び付けている橋で、様々な色で出来ているので、虹の橋と呼ばれています。

虹の橋の手前には、草地は、青々とした緑の草で覆われる丘や谷があり、そこは食べ物や水が豊富で、春のような陽気です。

年老いて弱った動物は若返り、不自由な体になったものは、元通りの元気な体になります。

私たちの親愛なるペットが死を迎えると、このような場所に行くのです。

虹の橋の詩

天国のちょっと手前に
虹の橋と呼ばれる場所があります。
この世界で誰かと特に親しかった動物は死を迎えると、虹の橋に行くのです。
そこには親しかった彼らのために用意された草地や丘があり、
動物たちは一緒に走ったり遊んだりできるのです。
豊富な食べ物に水、お日様の光があり、
動物たちは暖かく心地よく過ごします。
病にかかったり年老いた動物たちは皆、健康になって元気になります。
傷ついたり不自由な体になった動物たちも、また元通りになって力強くなります。
まるで、過ぎ去った日々の夢のように。
動物たちは幸せで充実していますが、一つだけ小さな不満があります。
みんな、とても特別な誰かと、残してきた誰かと会えなくて寂しいのです。
彼らは一緒に走ったり遊んだりしています。


しかし、
ある日、一匹が突然立ち止まり、遠くを見つめます。
その瞳はきらきらと輝き、
身体はしきりに震え出します。
突然、彼は群れから離れ、緑の草を速く、速く飛び越えて行きます。
彼はあなたを見つけたのです。
そして、ついにあなたとあなたの特別な友だちが出会うと、再会の喜びにあなたは抱き合います。
そして二度と離れることはありません。
幸福のキスがあなたの顔に降り注ぎます。
あなたは両手で再び最愛の友の頭をなで回します。
そして、あなたは信頼にあふれる友の眼をもう一度覗き込みます。
その瞳は、長い間あなたの人生から失われていたものですが、心から決して消え去りはしなかったものです。
それから、あなたは虹の橋を一緒に渡って行くのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA