ペットの終活 何をするべき?

最近よく耳にするのが『ペットの終活』です。

人の終活も近年話題になっています、人の終活では、先に遺影を撮っておいたり、納棺の体験をするなど、かなり進んでいます。

ペットも大事な家族です、人と同じように終活をすることも必要ではないでしょうか。

ペットの終活 どのような気持ちで迎えるのか?

命あるものの最後は誰にもわかりません。
事故や急死などの場合もあるかと思いますが、終活においては長生きすることを前提に考えておきましょう。
どの程度まで治療をするのか、緩和治療をするのか、病院に任せる・自宅で看取る、
命の終わりに後悔が残らないように、今までお疲れ様、ありがとうと言えるように、 充分に考えておきましょう。

ペットの終活 どう弔うのか?

自宅周辺のペット火葬業者(民間企業)や霊園を調べてみましょう。
いざとなったときにしっかりお願いできる、信用できる業者さんでしょうか。
基本的には、どの業者さんも親切で良い業者さんですが、中には悪徳業者もいます、あわてて適当な業者さんに頼んでしまったと後悔する方も中にはいらっしゃいますので、しっかりと調べておきましょう。
できれば事前に見学や電話をしておき、万一の時にはどのようにすればいいかというところまで確認しておきましょう。

ペットの終活 後悔のないように過す

生と死は必ず誰にでも訪れるものです、これは、すべての命において平等です。   だからこそ尊いのです、二度と取り戻すことのできない時間を大切にし、毎日傍に居てくれる事を当たり前と思わずに感謝し、快適な生活を提供してあげることもまた、終活の一つと言えるのではないでしょうか。

ペットの終活を終えた方々から話を聞くと、皆さん同じような事を言われてました、「もっと〇〇してあげればよかった」とおっしゃいます。
そう思うことのないように、悔いが残らないように、今この時を大切にし後悔のないように過ごしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

ペット終活に必要な知識