ペット火葬の種類と服装

最近はペットちゃんも家族の一人としてもてなされ、我が子のように育てられているご家庭も多いと思います。しかし、悲しい事に動物の寿命は人間よりも短く、愛するペットちゃんの死を考えたくはないですが、それを現実に受け入れないといけない日が必ず訪れます。家族同然のペットちゃんが亡くなった時は、しっかり供養してあげたいと思う事は飼い主として当然の事です。そこで今回はペット火葬をご検討されている方々に火葬の種類と服装をご紹介します。

葬儀の種類

ペット葬儀には大きく分けて2つあります、1つ目がペット霊園での葬儀、2つ目が訪問火葬です。

ペット霊園の場合は、人と同じような形式で葬儀を執り行うことが多く、実際に人の葬儀施設が併設されている場合もあります。

訪問火葬の場合はその名の通り、自宅まで訪問に来てくれて自宅付近で火葬してもらうことができる火葬方式です。

訪問火葬とは

最初に、訪問火葬とは火葬場にて火葬を行うのではなく、移動火葬車にて火葬を行う形態になります、移動火葬車が自宅や自宅の近くまで来て火葬を行いますので、火葬場までの移動やペットのご遺体の移動をする必要がありません。近隣でペット火葬を行っている火葬場がない場合や火葬場まで運ぶことが難しい方、火葬場まで行く時間がない方などにもおすすめの火葬方式となっています。

合同火葬

合同火葬とは、火葬業者がペットちゃんを引き取り、他のペットちゃん達と一緒に火葬するプランです。 複数のペットちゃんと合同で火葬するため、ご遺骨の返却はありませんが、火葬業者の墓地や提携している寺院など、埋葬までお任せすることができます。 合同火葬は他の火葬プランに比べもっとも費用が抑えられるので、費用を最小限に抑えたいけど、きちんと火葬してあげたいと思われている飼い主様におすすめの火葬プランです。しかし、ペットちゃんを一緒に火葬される嫌悪感と拾骨・返骨することができないことが懸念点となる飼い主様もいらっしゃいます。

一任個別火葬

一任個別火葬とは、ペットちゃんの火葬から収骨・返骨を葬儀社にお任せして行い、拾い上げたペットちゃんのご遺骨をお渡しするプランです。費用は抑えつつペットちゃんのお骨は残しておきたいという方におすすめの火葬方式です。

立会個別火葬

立会個別火葬とは、ご家族が立会いをしてご遺骨の拾い上げなどをご家族で立会うことができる火葬プランです、拾い上げたペットちゃんのご遺骨を返骨してもらうことができます。 家族の一員であるペットちゃんを、最後まで一緒に見送ってあげたい自分の手で収骨を行いたいと思われている飼い主様におすすめの火葬方法です。

服装

ペット葬儀での服装は、業者や葬儀方法によって異なってきます。葬儀をペット霊園などで執り行う場合は、人の葬儀施設と併設している場合もあるので喪服または黒を基調とした服装が好ましいでしょう。しかし、葬儀業者から特に服装の指定がない場合は、私服でも問題ありません。ですが派手な服装や露出度の高い服装は避け黒や紺色などの落ち着いた色が好ましいです。訪問火葬の場合は、特に指定はないので普段通りの服装で問題ありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA