ペット葬儀に関するトラブル

近年、ペットちゃんを飼っている人々が非常に増加しています、今やペットちゃんは家族同然の存在になっています、その家族同然である愛おしいペットちゃんの終わりなど考えたくない・・・

ですが、命あるものの終わりはいずれ迎えなければなりません、大切なペットちゃんが亡くなったとき、きちんとペット火葬をして見送ってあげたいと思われている飼い主様がほとんどだと思います。しかし、しっかりと葬儀業者を選ばないとトラブルや悪徳な業者に騙されてしまうなど、一生に一度の特別なお別れの時間がとても辛い思い出となってしまうこともあります。そうならないためにも、事前にどのようなトラブルがあるのかを知っておくことが大切です。

後から高額な請求をする

ペット火葬のトラブルで一番多いのが料金に関することです。ペット火葬を利用する方は初めて利用する事が多いと思います、さらにペットちゃんを亡くした悲しみも抱えられています。そのような飼い主様の気持ちにつけこみ、必要以上に高額な請求をしてくる業者もいます。中には、提示していた金額を上回る金額を請求され、「支払わないと火葬の途中で返却する」などと脅してくるような悪徳な業者もいます。

火葬せずにペットのご遺体・ご遺骨を破棄する

引き取ったご遺体を火葬してお骨にして返却するという約束をしながらも、飼い主様から預かったご遺体を火葬せずに不法投棄し、別のご遺骨を返却していた業者が逮捕されるという事件が実際にありました。利益のことしか考えていないような悪徳な業者にペットちゃんを雑に扱われる事はとても悲しいことです、飼い主の悲しみにつけこんだ非人道的な業者です。

プラン内容と異なる葬儀

個別火葬を依頼していたのに合同火葬で他のペットちゃんと火葬されるというトラブルも多く発生しています。合同火葬の場合はご遺骨が他のペットちゃんと混合するため返却することができません。確認ミスで火葬方法を間違う場合や経費を削減するために意図的に合同火葬していたケースもあります。葬儀を行ってしまった段階では引き返すことが難しい場合がほとんどだと思います。
こうしたトラブルは葬儀社の選定段階できちんと見極めることが大切です。

何故トラブルが起きるのか?

では、何故トラブルが起こるのかというと、一つはペット葬の人気の高まりで、民間火葬業者やペット霊園が増えたためです。ペットを火葬する民間の火葬施設やペット霊園は役所の許可や登録がない状態でも運営ができます。つまり、場所さえあれば何処でも開設する事が出来る為に問題もおきやすいのです。過去の判例でお金儲けを目的とした悪徳業者が民家の密集地でペット火葬施設を運営し、市民とトラブルになった事例もあり、中には山などにペットの遺体を放棄する業者などもいます。そういった、ペット葬儀はお金になるという考えを持つ人によりペット葬儀にトラブルが起こるのです。

トラブルに引っ掛からない為に

愛するペットちゃんを失った悲しみに沈んでいる時にトラブルに巻き込まれ、大切なペットちゃんとの最後が悲しい思い出となってしまわないように、葬儀業者の選び方や確認しておいた方がいい事などをご紹介します。

  • 住所や電話番号などは記載されているのか会社概要を見る
  • 相談者が納得でき、かつ明確な回答
  • 電話での丁寧な受け答え
  • 事前に明確な料金制度の表示がされている
  • ホームページでの口コミ確認

近年は葬儀業者が増えていると同時に、ペット火葬のトラブルも増えています。被害に合わないためにも、飼い主様1人1人がしっかりと下調べをして業者を見極める必要があります。

以上の項目に注意して、葬儀社を選ぶことが重要です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA