猫が死ぬ前に取る行動は?死を悟った時に取る3つの行動。

猫は死ぬ前になると自分から姿を消すと言われています。

年老いた猫は人目につかない庭の片隅などで亡くなっていることが数多くありました。

なぜ死期を悟った猫は最期を1人で迎えてしまうのか。

悲しくとも最後まで一緒に居てあげるために、猫の死の前の行動を知っておく必要があるでしょう。

この記事では猫が死ぬ前に取る行動とその理由をご紹介します。

猫が死ぬ前に見せる3つの行動

急に大声で鳴く

苦しくて痛くて鳴くのか、それとも感謝の気持ちを伝えるために最後に力を振り絞って鳴くのか、詳しくはわかっていませんが大きい声で鳴いてからすぐに死んでしまうという話をよく聞きます。

猫の防衛本能から、成猫になると必要以上の鳴き声によるコミュニケーションを取らないため、今まで鳴かなかった猫が急に泣き出した場合は、何かしらの異変があるサインになります。

今まで以上に甘えてくる

死期が近くなった猫は今まで以上に甘えん坊になることがあります。

科学的なことはわかっていませんが、自分の異変に不安を感じているのではないかと考えられます。

(もしかしたら、最後に思いっきり甘えることで飼い主さんとの思い出を作ろうと思っているのかもしれません。)

最後の時間を後悔しないよう、声を聴いたり優しく撫でてあげたり、猫ちゃんが安心できるようにしてあげてください。

急にいなくなる

昔から猫は死ぬ前に姿を消すと言われてきていますが、猫は本来、自分の具合が悪いことを隠そうとする動物で、その理由として猫の防衛本能が働いているからです。

元々単独生活を送っていた猫が身を守るため、体調が悪かったり弱ったりしている時には静かで安全な場所で回復するのを待つそうで、体の回復を待つために飼い主さんの前から姿を消してしまい、そのまま死んでしまうことが往々にしてあります。

まとめ

今回ご紹介した内容はあくまで可能性ですが、いざというときに慌てず最後の大切な時間を過ごせるよう知っておくべき知識です。

必ずくるその日まで、悔いのないよう猫ちゃんを可愛がってあげてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA