猫の葬儀一体どうすれば?

近年、ペットで猫ちゃんを迎えに入れている家族が増えています。その中で、大切な家族の一員である猫ちゃんの最期は考えたくない事ですが、いずれは必ずお別れの時が来てしまいます。愛する猫ちゃんのもしもの際、猫ちゃんの葬儀はどうしたらいいかなど、慌てずしっかり供養してあげれるように、ここではペットの中でも猫の火葬について、詳しくご紹介します。

火葬の種類

訪問火葬

訪問火葬とは火葬場にて火葬を行うのではなく、移動火葬車にて火葬を行う形態になります、移動火葬車が自宅や自宅の近くまで来て火葬を行いますので、火葬場までの移動やペットのご遺体の移動をする必要がありません。近隣でペット火葬を行っている火葬場がない場合や火葬場まで運ぶことが難しい方、火葬場まで行く時間がない方などにもおすすめの火葬方式となっています。

合同火葬

合同火葬とは、火葬業者がペットちゃんを引き取り、他のペットちゃん達と一緒に火葬するプランです。ご遺体を預ける時がペットちゃんとの最後のお別れとなります。 複数のペットちゃんと合同で火葬するため、ご遺骨の返却はありませんが、火葬業者の墓地や提携している寺院など、埋葬までお任せすることができます。 合同火葬は他の火葬プランに比べもっとも費用が抑えられるので、費用を最小限に抑えたいけど、きちんと火葬してあげたいと思われている飼い主様におすすめの火葬プランです。しかし、ペットちゃんを一緒に火葬される嫌悪感と拾骨・返骨することができないことが懸念点となる飼い主様もいらっしゃいます。

一任個別火葬

一任個別火葬とは、ペットちゃんの火葬から収骨・返骨を葬儀社にお任せして行い、拾い上げたペットちゃんのご遺骨をお渡しするプランです。霊園や寺院に納骨するか自宅に持ち帰るか選ぶことができます、費用は抑えつつペットちゃんのお骨は残しておきたいという方におすすめの火葬方式です。

立会個別火葬

立会個別火葬とは、ご家族が立会いをしてご遺骨の拾い上げなどをご家族で立会うことができる火葬プランです、拾い上げたペットちゃんのご遺骨を返骨してもらうことができます。 家族の一員であるペットちゃんを、最後まで一緒に見送ってあげたい自分の手で収骨を行いたいと思われている飼い主様におすすめの火葬方法です。

猫ちゃんの火葬費用

ペットちゃんの葬儀費用は、主に火葬方法と体重、種別で異なってきます。猫ちゃんの火葬費用は、火葬方法や葬儀場にもよりますが、おおよそ12,000円~40,000円ほどです。
合同火葬が一番費用を抑えれます、次に一任個別火葬、そして立会個別火葬の順になります。

火葬後の供養方法

●自宅供養(手元供養)

自宅供養(手元供養)とは、骨壺を自宅など身近に置いて。家族の一人であった亡きペットちゃんとこれからもずっと傍で一緒にいたい、思い出を一緒にたくさん作りたいと思っている方におすすめです。
ご遺骨をアクセサリーやペンダントの中に入れ常に身に付ける事も可能です。

●散骨

散骨は、お墓を準備せずに海や山にお骨をパウダー状にして撒く方法です。
ペットたちに自然の世界に還ってもらうという意味合いがあり、徐々に認知され広がってきています。
散骨には数万円の費用がかかりますが、お墓と違って維持費等がかからないのが特徴です。

●合同供養

ほかの方のペットちゃんのご遺骨と一緒に埋葬する合同のお墓です。ペット霊園や寺院などに設置されており、個別墓地に比べて安価な費用です。合同墓地に入れてあげたいと考えるご家族の多くは、ペットに寂しい思いをさせたくないという理由が殆どです。慰霊祭なども年に数回あり、参加して定期的に供養できるというのも一つの魅力です、また忙しくなかなかお墓参りに行けないというご家族に代わって、たくさんのご家族がお線香やお花などを持ってお参りに来てくれるのでペットにとっては嬉しいことかもしれません。

●個別墓地

人と同じように、墓石や塔婆がある個別のペットのお墓です。個別墓地を持つペット霊園は多くはありませんのでしっかり下調べをするか葬儀社に聞きましょう。また、墓石の大きさや種類によって費用はさまざまで、管理費などもかかってきます。

ここまで猫ちゃんの火葬種類や火葬後の流れについてお話ししました。
火葬は骨が手許に残るので、その埋葬方法も色々あります。家族の一員である猫ちゃんとの思い出を残していけるような方法を選んでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA